よくあるご質問

長期保証について
マニフレックスの保証は芯材のヘタリに対する保証となっております。
通常のご使用の範囲に置いて芯材が目視できるほど変形した場合はこの保証の対象となります。
側地の汚れ、破損については対象外になります。

3年保証 ・・・ イタリアンフトンⅡ、マニフトンカモ、スーパーレイロイヤル、スーパーレイEX、マニフレックスピローシリーズ
5年保証 ・・・ マニコスモ、マニ・ベビー
10年保証 ・・・ メッシュ・ウィング、DDウィング、カモウィング
12年保証 ・・・ モデル246、マニ・スポーツ、オクラホマ、フラッグFX、モデルローマ、T75
商品配送時に保証書が同送されます。よくご覧の上大切に保管して下さい。
マットレスの上には何を敷くのですか?お布団を敷いてもいいのですか?
マニフレックスのマットレスは体圧分散効果が素晴らしいものです。ですからお布団はお避け下さい。
しかし、薄地のシーツは必ずおかけになっておやすみ下さい。
電気毛布を使用してはいけないというマットレスが多いのですが、このマットレスも同じですか?
マニフレックスのマットレスは電気毛布、布団乾燥機、湯たんぽ等との使用OKです。
マニフレックスは、温度による物性の変化はありません。冬に硬くなって夏にぐにゃぐにゃになったりはしないのです。
お手入れで注意することはありますか?
このマットレスは吸汗放湿という素晴らしい特質を持っている為、表面はいつもサラサラです。
しかし、あまりに吸汗放湿性に優れている為、うっかりすると汗がマットレスの底までつき抜けて、 湿気がカビの発生を生むということがあります。ご注意下さい。
2週間に1度程度、マットレスを立てて風を通してやって下さい。日光にあてる必要はありません。
マットレスを開封した際の膨らみが不十分だと感じました。対処方法はありますか?
マットレスの復元は、ロールの巻き始めにあたる部分が一番遅くなってしまいます。

対策方法としまして、当て布をした上からスチームアイロンをかけられますと完全に膨らみます。
※スチームが弱い場合は芯材に対して直接アイロンをかけて下さい。側地は必ず取り外して下さい。
スチームアイロンをお持ちでない場合は、側地に霧吹きや濡れタオルで水分を含ませてから暖房や布団乾燥機、 ドライヤーなどで乾燥させますと膨らみます(水分は表面が湿る程度を目安として下さい)。
この時、該当箇所を押したりもんだりして刺激を与えますと、空気が含まれやすくなり、膨らみが早くなります。

メッシュウィングの芯材は同じ厚みでカットされておりますので、厚みが足りないということはないのですが、 稀にロールの巻き始めにあたる部分において、復元するまでに時間を要する場合がございます。

また、開封直後は芯材の一部分に空気が通っていない可能性があります。
芯材(特に丸まっている部分)をゆっくりと軽く引っ張りながら揉みほぐすことで、芯材に空気の通り道ができ復元します。 ※強く引っ張りますと芯材が破損してしまう恐れがございますのでご注意ください。
布団乾燥機を使用して、暖かい空気を送ることも効果的となっております。
コンパクトにロールアップされているものを再び巻き取ることは出来ますか?
出来ません。マニフレックスのマットレスは、非常に特殊な大型機械でバキューム、ロールアップをしています。 手軽に再ロールアップすることは出来ません。
ムレないって本当ですか?
マニフレックスはムレないマットレスです。ですからロールアップが出来るのです。
ビニールカバーを外したらすぐに膨れ始め、あっという間にフルサイズになります。
つまり、空気の出し入れが自由自在だという証明なのです。これは他のマットレスでは出来ません。
他のマットレスの場合、マットレスの芯材が壊れてしまうのです。
マットレスのお手入れについて、2週間に1度程度立て掛けて空気の通るようにして欲しい、とありますがどうしてでしょうか。
マニフレックスは汗を吸い、湿気を放出するという素晴らしい特性を持っています。
芯材の<エリオセル>がオープンセル分子構造だからです。しかし、発汗が激しかったりする日が何日も続きますと放湿するよりも、底へ底へと湿気が溜まってしまうことがあります。湿度と温度の具合で、底面にカビが発生することがあるのです。
ですから、時々、裏面を立てて通気を良くして頂きたいのです。安心なのは『マニシート・ドライ』と一緒にマットレスを 使用していただくことです。『マニシート・ドライ』は優れた性能を有していて、防カビ、防湿、防臭防ダニ効果が実証されています。
『マニシート・ドライ』はマットレスの下だけでなく上や中に敷いて使うことも出来、カビ対策にも効果的です。 日頃のお手入れと合わせると、より快適に安心してお使い頂けるようになります。
カビが生えるのですか?
カビは身体に悪い影響を及ぼします。食品のみならず、カビはアトピーやアレルギー発症源と云われていますし、 幼児には注意が必要です。日本の住宅機密性はとても優れています。昔のスキマ風は、もうありません。
冬の結露はカビの原因となりますし、夏の湿気はカビ発生の元凶です。マットレスのカビ防止はもとより、 住環境の安全のためにも通気、そして除湿シート『マニシート・ドライ』のご採用をおすすめいたします。
フローリングの部屋でも、直にマットレスを敷いて使えますか?
お勧めしません。フローリングに直敷きはなるべく避けてください。
ただし、どうしてもそういった状況で使用せざる得ない場合は、『マニシート・ドライ』との併用をお願いします。
床面との間に溜まった湿気が抜けにくくなりますので、こまめなお手入れが必要になります。
(特に冬は床面とマットレスの接地面に温度差が生じ結露状態になってしまう場合があります。) 『マニシート・ドライ』と併用される場合もお手入れは必要です。
高反発フォームは低反発フォームとどう違うのですか?
低反発のウレタンは底づきがして、寝姿勢が腰落ちのままになる恐れがあります。
その上、空気を通さない構造ですからムレるのです。高反発フォームは、オープンセルで吸汗放湿を可能にしてくれますし、しっかりと身体を包み込み支え上げてくれます。真の耐圧分散を実現できるのです。
体圧分散は身体にどのような(良い)影響を与えますか?
体圧が分散するということは、身体にあたるところがなく、自然で、血流も促進することになります。
寝返りの回数が激減しますし、腰痛や肩こりといった原因をとりのぞくもとにもなります。
しばらくすると体に馴染むのだろうか?
はい。今まで長く習慣づいていた身体が慣れるのには、少々時間がかかります。
使用したら即「すごい」といって喜んで下さる方が殆どですが、稀にこうした時間を必要とするデリケートな方がいらっしゃいます。
「横寝から入ってください。」、または「一枚毛布的なものを緩衝材としてならし運転をして下さい。」とお願いしている時がございます。
カタログには枕をしてない写真がありますが、マニフレックスは枕を使わない方がいいのですか?
いいえ、使用してください。マットレスは背中・腰・お尻の大きなS字カーブを支えてくれますが、 枕は後頭部・首・肩の小さなS字を支える為にも必要です。正しい姿勢で熟睡することは疲れの解消にも繋がります。ご自身に合った枕をお使い下さい。
やはりマニフレックスマットレスには、マニフレックスまくらがベストな組み合わせです。